どうして納めないといけないのか

どうして相続税を納めないといけないのか。納める必要性は!? - 何故相続税を納める必要があるのか

http://expertsearch.jp/souzoku-zeirishi/ http://souzoku-zouyo.com/

アーカイブ

更新情報

何故相続税を納める必要があるのか

子供や孫に自分の資産を残したい!これは一種の本能かもしれません。しかしこれに待った!をかけるのが相続税です。そもそも何故相続税というものがあるのでしょうか?

■安定した社会を築く

親が経済的に豊かなら?子供も豊かになれる。これを続けると?いわゆる経済格差がどんどん広がります。それで良いのでしょうか?
格差が広がると、社会の様々なところに妬みや歪みが生じてくる!それを未然に防ぐ手段が相続税なのです。
つまり何故相続税を支払う必要があるのか?それは安定した社会を築くためです。

■情けは人の為ならず

一生懸命頑張って働いて蓄積した富を、何故、世代交代だからという理由で社会に返す必要があるのか?相続税のシステムがあれば?誰も真面目に働かなくなるかもしれません。最終的には生活保護がある!皆がそう思ってしまえば?社会は崩壊してしまいます。
rsrn
とはいえお金を稼いだということは、社会のお世話になった!そういうことです。ならばその一部を社会に還元する!そんな寛大な精神を持っている人たちだからこそ、次の利益も得られるのでしょう。正しく、情けは人の為ならず!それを実現しているのが、相続税です。

■納税は国民の義務

税金は払いたくない。しかし税金が集まらないと社会が成り立たない。ジレンマです。
とはいえ一人前の社会人として認められるためには?税金を納める!国民の三大義務のひとつでもあります。

■尊敬される人になる

相続税を何故支払う必要があるのか?脳裏をよぎった際には、相続税を支払うことがステータス!そう思うことが大切です。
お金持ちが尊敬される社会?逆に社会から尊敬されるような金持ちになりましょう。
相続税対策は、親が生きている間にするのがベストです。とはいえ具体的な相続税対策とは?どうすれば良いのでしょうか。

■財産目録を作る

日本人はお金についてあまり話したがらないものです。しかしそれが後々のトラブルを生みます。
何らかの財産を持っているなら?それを明確にしておくことが、家族の幸せにつながります。そういう意味でも、元気な間に財産目録を作りましょう。
銀行口座、土地や家屋、貴金属類などをリストアップします。こんなもの?と思わずに、とりあえず書き出しましょう。そしてわかる場所にしまっておくべきです。

■生前贈与する

現金などであれば、生前贈与が具体的な相続税対策になります。
例えば65歳以上の親から成人に達している子供へ贈与しても、2500万円までは非課税です。
また住宅購入目的であれば、最大1200万円が非課税です。
さらに子供へのお小遣い?年間110万円までなら非課税です。
もちろん税金の仕組みは年々変わるので、直近の非課税額を調べておきましょう。

■土地や家屋を売却する

相続税で問題になるのは土地や家屋などの不動産です。一等地などにあれば、相応の評価額が示されます。しかしそんな値段では売却できないケースがほとんどです。最悪の場合には、相続税が払えなくて破産する!稀ではありません。
もちろん相続放棄すれば問題ありませんが、他の財産も相続できなくなります。
そういう意味では、生前に土地や家屋を売却する!子供の世話になりたくなければ?高齢者住宅などに入居する!相続税対策を考えれば、現実的な選択かもしれません。

■具体的な相続税対策とは

何らかの資産があるなら?日々処分の仕方を考えておきましょう。そもそも財産がなければ相続税の心配もありません。明日何が起きても大丈夫なように、想定外を想定しておく。これが最も賢い相続税対策です。

Copyright(C)2015どうして納めないといけないのかAll Rights Reserved.